堺能楽会館創設50周年記念公演で日本テレマン協会の「能舞台で聴くオーケストラ」を鑑賞に行って来た。能舞台での演奏は初めてとの事で皆さん履物を脱ぎ舞台に立って演奏されていました。堺能楽会館page
入口は外見にはマンションの一階で普通の事務所の雰囲気ですが中に本格的な能舞台が創られています。入ると休憩や待ち時間を過ごせるように「お菓子、煎餅、飴玉、飲み物」等が揃えられていた。
堺能楽会館page2
舞台上で普段は履いている筈の履物を履いて無い処など指揮者の延原武春さんの説明があった。
堺能楽会館page3
能舞台館主(大澤徳平)氏のあいさつの後、演目「J.S.バッハ管弦楽組曲第3番、A.ヴィヴァルディ四季より春、他の演奏を鑑賞した。偶然にも上の画面の中に舞台最前列に席を取った私の姿が映っていました。
堺能楽会館page4
狭い能舞台でほとんどの演奏は立ったままで奏者17~18名?と迫力のある演奏でした。また、この様な機会が有れば行って観たいと感じた。
5c0b11a9.gif